News

2019.06.29

お知らせ

令和初!業界最多の曲数を誇るJOYSOUNDが、2019年カラオケ上半期ランキングを発表! 総合1位は米津玄師「Lemon」。あいみょんは昨年圏外から2位と大躍進! 菅田将暉「さよならエレジー」は、4位にランクアップ!

株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区桃園町3番8号、代表取締役社長:水谷 靖)は、6月29日(土)、業界最多となる30万曲(※1)もの曲数を誇る業務用通信カラオケ「JOYSOUND」シリーズ、および「UGA」シリーズにて歌唱された楽曲の回数に基づき集計した令和初の「2019年JOYSOUNDカラオケ上半期ランキング」(※2)を発表します。

▽2019年 JOYSOUND カラオケ上半期ランキング 特集ページ:
https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/ranking/2019
▽2019年発売曲 JOYSOUND カラオケ上半期ランキング 特集ページ:
https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/ranking/2019-02

(※1)2019年5月末時点、「JOYSOUND MAX」シリーズの配信曲数に基づく
(※2)集計期間:2019年1月1日~6月20日。
※選曲番号別ではなく、楽曲別として、“本人映像”や“アニメカラオケ”等のオリジナルコンテンツも合算したランキングです。

《楽曲ランキング(総合)》 
■トップは2018年首位の米津玄師!あいみょんは、昨年圏外から3曲がランクインと大躍進!

米津玄師「Lemon」が昨年からの人気を堅持して首位を独走中。作詞作曲を手掛けた関連曲を含めると、こどもたちを中心に人気を集める「パプリカ」をはじめ、上位30曲に7曲がランクインと存在感を示しました。一方、昨年は圏外だったあいみょんが、2位の「マリーゴールド」を筆頭に、14位、16位を獲得する躍進ぶり。昨年の紅白歌合戦でも披露された「マリーゴールド」は、10代~50代の全年代で10位内にランクインしており、女性ボーカルの楽曲でありながら男性からの人気も高いのも特徴です。また、今年リリースされた「まちがいさがし」でも注目を集める菅田将暉の「さよならエレジー」は昨年の5位からさらに順位を上げて4位に。このほか、Uru「プロローグ」、back number「HAPPY BIRTHDAY」、King&Prince「シンデレラガール」など、ドラマ主題歌となった楽曲も人気が高く、昨年映画化された中島美嘉「雪の華」も大きく順位を上げ、23位にランクインしました。

※あいみょん「マリーゴールド」の年代別ランキングは参考資料としてリリース内下部に掲載しておりますのでご覧ください。

※昨年51位以下の楽曲を「圏外」と表記 ※「鏡音リン」はクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の登録商標です。
(参考)うたスキ動画によるカラオケ歌唱映像:https://camp.joysound.com/r/sugodou/?v=0t_SQ_1wpcY&from=release

《アーティストランキング(総合)》
■楽曲ランキングでも首位の米津玄師が、見事2冠を達成!

「Lemon」を筆頭に数多くのヒット曲を連発する米津玄師が1位、あいみょんも前年圏外から2位に急浮上しました。Mr.Childrenや、サザンオールスターズなど、カラオケ定番曲を多数輩出するアーティストが上位を占める中、若者を中心に人気を誇るバルーンが11位に、俳優としての知名度も高い菅田将暉が20位にランクイン。

《2019年発売曲ランキング》
■back number「HAPPY BIRTHDAY」をはじめ、ドラマ主題歌が上位に!

総合ランキングでも21位に入ったback number「HAPPY BIRTHDAY」が断トツの首位に。初のランクインを果たした2位のKing Gnuなど、今年話題になったドラマ主題歌が上位に入りました。DECO*27「乙女解剖」はカラオケ配信から約2カ月で8位を獲得と、爆発的な人気を誇っています。

《ジャンル別ランキング》
■映画公開とともに、TM NETWORK(TMN)やQUEENなど往年の名曲に再注目!VOCALOID™ではカンザキイオリ、韓国曲ではIZ*ONEなど、若手注目アーティストの台頭も!

▽演歌/歌謡曲ランキング
石川さゆり「天城越え」「津軽海峡・冬景色」が上位を独占する一方、2019年にリリースされた楽曲として、市川由紀乃「雪恋華」、椎名佐千子「漁火街道」、丘みどり「紙の鶴」の3曲がランクイン!

▽アニメ/特撮/ゲームランキング
2018年に続き、高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」が1位を獲得。20年の時を経て新作が公開された映画『シティーハンター』の主題歌、TM NETWORK(TMN)「Get Wild」は圏外から急上昇!

▽VOCALOID™ランキング
バルーン「シャルル」が首位を堅持。初のランクインとなったカンザキイオリ「命に嫌われている」は、10代20代から圧倒的に人気のあるVOCALOID™曲。DECO*27「乙女解剖」は、2019年配信曲で唯一のランクイン!

※「VOCALOID(ボーカロイド)」はヤマハ株式会社の登録商標です。
※「初音ミク」「鏡音リン」はクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の登録商標です。
※「GUMI」はVOCALOID「Megpoid」のキャラクター名です。
※「Megpoid」は株式会社インターネットの登録商標です。
※「IA」は1st PLACE株式会社の登録商標です。

▽韓国曲ランキング
韓国と日本合同のグローバル女性アイドルグループとして話題のIZ*ONEが初登場で1位を獲得!TWICEは20位内に5曲がランクインと2018年から引き続き高い人気を示しました。

▽洋楽ランキング
2018年11月に公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』の反響を受け、QUEENがTOP10位内に5曲がランクイン!QUEEN世代と言われる40代・50代の男性層だけでなく、若者世代からも支持を受け、劇中で歌唱された楽曲に人気が集まりました。

※参考資料<あいみょん年代別ランキング>
10代から50代まで、各年代でTOP10位内にランクイン。女性ボーカルの楽曲にもかかわらず、40代男性では3位、50代男性では5位と、同年代の女性と比較しても高い順位を獲得する結果となりました。

  • SHARE
  • facebook
  • twitter
  • line
gotop