News

2018.03.09

お知らせ

【レポート】体感!!JOYSOUND MAX「MAX CHALLENGE」 第5弾!ご本人を前に、カラオケバトルも展開!石川さゆりさん直伝、歌を上達させる秘訣とは?


JOYSOUNDの新機種「JOYSOUND MAX2」を掲げたプロジェクト、『体感!!JOYSOUND MAX「MAX CHALLENGE」』のラストを飾る企画として「石川さゆりと一緒に楽しめるカラオケイベント」が、3月4日(日)、JOYSOUND品川港南口店2F「J-SQUARE」にて開催されました。2017年カラオケ年間ランキングでは、「天城越え」「津軽海峡・冬景色」で演歌ランキングの1位・2位を独占するなど、歌手生活45周年を迎えた今も、第一線で活躍し続ける石川さゆりさんとカラオケが楽しめるという、ファンにとっては夢のような企画。

まずは、石川さゆりさんと、ゲストに作曲家の岡千秋さんをお迎えし、来場者によるカラオケ対決がスタート!石川さゆりさんの前でご本人の楽曲を歌唱するというシチュエーションに緊張しながらも、抽選で選ばれた全6組が熱のこもった歌声を披露。

「津軽海峡・冬景色」を熱唱したチルみる松岡さんが、ハイレベルな戦いを制し、トロフィーを受け取りました。石川さゆりさんも、ファンの方が自身の歌を歌うのを聴くのは初めてということで「みなさんの歌を聴けてとても楽しかったです。声を出すのはとても元気が湧いてきます。点数にあまり縛られないで、楽しんで歌っていただければいいなと思います。」と嬉しそうに語りました。

つづいては、石川さゆりさんと岡先生によるトークショー。数々の名曲を輩出してきた岡先生が作曲された1985年リリースの「波止場しぐれ」は、日本レコード大賞で最優秀歌唱賞を受賞し、石川さゆりさんが涙ながらに歌唱。いまではすっかり着物姿がお馴染みとなった石川さゆりさんですが、この頃より着物を着て歌うようになったそうです。石川さゆりさんからは、岡先生が作曲した「夫婦人情」について、「まさに王道で『待ってました!』というような作品。浪速人情の温かいものが伝わってくると思います。」と、新曲にかける熱い想いも語られました。

最後は、石川さゆりさんが「波止場しぐれ」と新曲「夫婦人情」をカラオケで披露。

「大きな声でメロディに忠実に歌うということも大切ですが、感情を込めることで人の心に響く歌声になる。私は、映画を目を瞑ってたくさん聴きました。そうすると、人は悲しい時やうれしい時にどんな声を出すんだろうというのが分かるんです。それを歌に取り入れていただけたら人の血が騒ぐ、肉のある歌になるんじゃないかな」と自身の経験を交えて、歌の上達法をアドバイス。「石川さゆりさんと一緒に楽しめるカラオケイベント」は終始和やかな雰囲気の中、その幕を閉じました。

▽「石川さゆりと一緒に楽しめるカラオケイベント」イベントレポートはこちら
http://mc.joysound.com/supporters/reports/05.html

  • SHARE
  • facebook
  • twitter
  • line
gotop